明るい部屋

注文住宅を検討しているなら

クールな部屋

一軒家の購入を検討されている方の中には、注文住宅と建売住宅のどちらを選べばいいかで迷っている方がおられるかもしれません。ここでは注文住宅について紹介したいと思います。
■建売住宅、注文住宅とは
建売住宅とはあらかじめ建てられた家、もしくは建築途中の未完成な状態の家を購入することを指します。これに対し、注文住宅とは土地を購入し建築請負契約を結び一から家を作っていくことを指します。さらに建築請負契約の際に施工会社が決まっている条件付きと自由に施工会社を選べる建築条件なしというものに別れています。
■注文住宅のメリット
注文住宅は建売住宅と違い一から作るため自分の希望を反映させることが出来るのが最大の特徴です。徹底的にこだわりオンリーワンの家を作ることも可能ですし、将来を考えリフォームやバリアフリー化がしやすい間取りにするすることも出来ます。
■注文住宅のデメリット
建売住宅に比べて見積もりの際に時間が多く掛かってしまうことが挙げられます。もう一つ言えるのがローンの一本化が難しいことです。注文住宅の場合は土地を購入してから家を建築する施工会社を決めるため、土地のローンと住宅の施工ローンに別れてしまうので資金の流れが複雑化してしまいます。
一軒家の購入は一生の買い物ですのでデメリットを認識した上で理想を実現するため注文住宅で一軒家を購入するのもいいかもしれませんね。

RECOMMENDED POST